HOME>注目記事>物件の多い所で情報を集めて希望の家に住む

よりよい不動産情報の探し方

長く住むところになる家は周りの状況もしっかり調べましょう。賃貸にする建物を取得する場合も、住みやすい家が借り手が付きやすいです。

不動産を購入するとき、周りの環境はここに注意!

買い物をする施設がしっかりしているか

コンビニやスーパーのあるなしと同時に、営業時間や価格までチェックしておくと確実です。

最寄り駅まで歩いてどれくらいか

雨の日で自転車が使えないことを考慮すると、歩いていける時間を確認しておきましょう。

交通量の多い道が近くにあるか

通るのに危険であると同時に、騒音の原因にもなります。

直近で大きな建設物が立つ計画がないか

高い建物だと日を遮る可能性や、急に住む人が増える可能性を調べておくのは重要です。

周りに住んでいる人の雰囲気

子供が多いのか、お年寄りが多いのかで街の雰囲気も変わります。

運用してみる

男女

西東京市での不動産のうち、資産運用のための土地に注目が集まっています。アパート・マンション・駐車場経営など、バラエティに富んだ土地を活かすことが可能なのは、西東京市という立地もあるようです。広さや形によって様々な手法がありますが、代表的なのは売却です。固定資産税を支払う必要もなし、売却益からさらなる不動産投資が広がります。

土地を活用

マンション

賃貸マンションやアパートなどはリスクがあり、手間もかかるためか、西東京市の不動産事情としては、駐車場経営というリスクを抑えた土地活用に注目が高いようです。他にも、土地を貸して地代を得るための知恵となるのは、住宅街でも広がりを見せる家庭菜園用となる畑です。エコファーム、そうした広告でもつければ、地代を得るだけでなく、畑で栽培された農作物も頂けるかもしれません。 もちろん、収益を大きくするならば、太陽光発電システムなども考えにあるようです。

税金などの問題

家の模型とお金

サラリーマンにも人気のある西東京市の不動産は、不動産所得として税金を納める点がネックですが、この不動産所得は減価償却費や青色申告での特別控除などの対象にもなるわけです。手元から支払わない項目なら、経費で計上できるというように、コストを抑えることができる点に注目が集まっています。いわゆる、給与所得などのプラスと、考えたくはないマイナス、損益通算ができるようです。また、固定資産税分を取り返す程度と考えるのは定年退職者で、少し収益がある程度の不動産活用に注目しています。

広告募集中