住宅展示場見学、ここだけは外せないポイント

実際の建物が見学できる住宅展示場では断熱性や遮光性など現場でしかわからないことを確認してきましょう。
カタログの数値だけではわからない情報を手に入れることができます。

住宅展示場を訪問したあとはどうする?

メモ書きを整理した方がいいですか。

気に入った間取りや印象に残っていることを清書する方が、記憶にも残り後から見やすくなります。

カタログは置いておきますか。

改めて見比べれば違った点に気が付くかもしれません。可能な限りカタログは保管しておきましょう。

家族で意見が違うときはどうすればいいですか。

皆が満足する家づくりを目指すなら、しっかり話し合う必要があります。展示場で具体的になったイメージをすり合わせましょう。

改めて疑問が出たときはどうすればいいですか。

建物に関することならカタログに書いてある問い合わせ先、ローンのことなら提携金融機関など細かい情報が集められるところを選びましょう。

再度見学に行くのは問題ありませんか。

もう一度確認したいこと、新たに疑問点が出たら再度展示場に行って確認しましょう。大きな買い物なので疑問点は残すべきではありません。

見学する前の準備や申し込み方法

一軒家

熊谷の住宅展示場を見学したいと思ったのであれば、見学する前に準備や申し込み方法について把握しておくとが望まれます。まず最初に必要によって電話やインターネットで予約を行う必要があります。人気のハウスメーカーのモデルハウスとなると、時間帯によっては非常に混雑が予想されます。ただ見学するだけでは役立つ情報を得ることはできず、営業担当に説明を受けてこそ有益な情報を得ることができます。営業担当が不足すれば十分な説明が受けられない可能性も出てくることでしょう。特に本命のハウスメーカーのモデルハウスを見学したい場合には、必要に応じ予約をしておきましょう。また気になるハウスメーカーがある場合には、事前にカタログや資料などを取り寄せて目を通しておくことが大切です。事前に少しでも知識を入れておくことにより、モデルハウスでどのようなことを確認したいのか、また質問したいことなどが明確になってくることでしょう。ほとんどのモデルハウスでは見学する前にアンケートの記入を求められるため、記入を行った上で見学を始めます。見学後に営業を受けたくないのであれば、その旨をきちんと伝えておきましょう。

仕組みを把握しておこう

住宅模型

気になるハウスメーカーのモデルハウスを一度に見学することができ非常に便利な住宅展示場ですが、熊谷の住宅展示場がどのような仕組みになっているのかを把握しておくことも大切です。熊谷の住宅展示場では企画会社が企画を行い、地主から土地を借り上げて住宅展示場を造成します。ここにハウスメーカーに出店してもらい、企画会社が新聞などで告知を行ったりイベントを行い住宅展示場への集客を行います。それぞれのハウスメーカーから月々の出店料を徴収するというシステムが整っています。住宅メーカーは出店料を支払うことにより出店場所を確保するだけではなく、自社で広告やイベントをしなくても集客することができるというメリットが得られます。つまり出展料は賃料と広告費、イベント費用の合計費用というと分かりやすいでしょう。

広告募集中